プロダクトデザイン・作品制作にお悩みの方へ
依頼するメリットをご紹介

 

ホーム > プロダクトデザインを依頼する際のポイント > プロダクトデザイン・作品制作にお悩みの方へ 依頼するメリットをご紹介

mv-01.jpg

プロダクトデザイン・作品制作を依頼するメリット

 

様々な商品のプロダクトデザインに悩んだら、専門の会社やデザイナーに依頼するのも一つの方法です。
多くのデザイン・作品制作実績があるデザイナーなら、きっと会社の強みになるデザインを提案してくれるはずです。
この記事では、そもそもプロダクトデザインとは何なのか、プロにデザインを依頼するメリットなどをご紹介します。依頼を迷っている方や検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

​~プロダクトデザイン会社は何を引き受けてくれる?~

「プロダクトデザイン会社」とは、具体的にどのようなデザインを提供してくれるか、詳細がわからないという方も多いのではないでしょうか。また、プロダクトデザイナーはフリーで依頼を受けているケースも多いので、依頼したい内容はあるけれど、どんなことを依頼できるかわからず、なかなか相談できないこともあるでしょう。


ここでは、プロダクトデザインとはどんなものなのか、インダストリアルデザインを含むプロダクトデザインの業務についてご紹介します。

どんなデザインのこと?

プロダクトデザインとは、日本語にすると「製品デザイン」のことです。プロダクトという言葉は様々な制作物を意味しており、かなり広い意味があります。

一口にデザインといっても、その種類は様々で、デザイナーの仕事も幅広くなっています。


例えば、視覚情報を主体としたデザインをするグラフィックデザイナーや、建物の内装設計をするインテリアデザイナーなど、同じデザインでもその種類は数多くあるのです。

その中でもプロダクトデザインは、「製品デザイン」という意味のとおり、「もの作り」に関係するデザインを担当します。実際の商品・製品のデザイン開発に加え、平面のイラストやロゴなどのデザインを含むケースもあります。

デザインする男性

また、プロダクトデザインは1点ものの作品やプロトタイプまでのデザインを担当するケースもあります。どのようなデザインなら使いやすいか、見た目が美しいか、社会的な位置づけはどうか、それが世に生まれることで起きる現象など、製品の状態を多角的に眺めながら構想を練ります。

身近なプロダクトデザインの例としては、自動車・化粧品のパッケージ・家電・家具・文具などが挙げられます。
触れられるものは全てプロダクトと考えることができます。日常のあらゆるシーンでプロダクトデザインは必要とされているため、とても身近な存在のデザインであることがわかります。プロダクトデザイナーは、クライアントの希望をヒアリングし、リサーチやアイデアスケッチを共有しながら二人三脚でユーザーに愛されるデザイン・作品作りを進めていきます。

インダストリアルデザインを含む業務について

プロダクトデザインとよく混同されるのが「インダストリアルデザイン」という職業です。インダストリアルデザインも、同じようにもの作りに関するデザインですが、医療機器や機械製品をはじめとする工業製品のデザインが主な仕事になり、プロダクトデザインの概念にはこれも含まれています。工業的なデザインには、成型方法や素材の知識に加え、設計・開発・品質管理に関しても、より専門的な知識が必要になります。


そのため、プロダクトデザイナーの中でも、メカ設計・開発者との交渉の経験値において、特徴が出やすい分野だといえます。

ブロックを持つデッサン人形

工業デザインにおいて、歩留まり率や失敗コストなど、見えないコストを考慮した生産性のあるデザインを構築することは大切です。
意匠性・機能性・生産性のバランスがとれた上で提示できるものは、一点物やアートとは異なる点があることを押さえておきましょう。

 
 
 
 
 
 

​~デザイナーに依頼するメリットとは?~

プロダクトデザインにこだわった商品を作るなら、専門のデザイナーへの依頼がおすすめです。
ここでは、どのような場合にデザインを依頼するのか、プロダクトデザインをプロのデザイナーに依頼することでどのようなメリットがあるのかについて解説します。

このような方はご相談ください

新しい商品・製品を作るにあたり、必要な機械・機材は揃っているという場合、難関となるのが製品のデザインです。デザインだけなら自社でもできそうと思いがちですが、造形としてのバランスや外観処理、パッケージ品位などの微差は、ユーザーの手に渡ったとき、ブランドとして大きな価値を生み出します。


自社でプロダクトデザインに関するノウハウを保有していれば問題ありませんが、製作技術のみを有しているという会社の場合、デザインで悩むことも多くあるでしょう。

案内する男性

プロダクトデザインの悩みを解消するためには、外部のデザイナーに依頼するのも一つの方法です。製造業の中小企業や、地場産業・町工場の職人さんなど、デザインや設計図が決まれば製作は自社で対応できるという場合なら、相談してみるのもおすすめです。
また、個人や一般企業で商品開発を行っているという場合も、デザイナーへの依頼がおすすめです。プロダクトデザイナーであればデザインはもちろん、生産に関する知識も持っているため、多角的なアドバイスを得られます。

プロダクトデザインを依頼するなら、デザイン会社とフリーのデザイナーという2つの選択肢があります。
専門の会社であれば、スタッフの人数が多いため、デザイン展開などの効率がよく、多くの実績があります。信頼・安心感も高くなるでしょう。納品や支払いなどのトラブルも少なく、様々なデザインに対応してもらえます。


フリーランスで活躍するプロダクトデザイナーは、クラウドソーシングサービスを使ったり、個人のサイトを経由してコンタクトをとったりして依頼をします。デザイナーが見つかるまで時間がかかるかもしれませんが、クライアントの感覚に近い場合、イメージを伝えやすくなるためおすすめです。

デザインを外注するメリット

ここでは、プロダクトデザインを依頼するとどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

◇様々な視点からアイデアを貰える
デザイン会社でもフリーのデザイナーでも、プロダクトデザイン専門に多くのデザインに携わってきた経験があるため、別の角度から鮮度の高い提案をしてくれるというメリットがあります。
自社製品の立ち上げを立体的に考えるきっかけを得ることができます。

meritとコルクボード

◇結果的にコスト削減につながる
費用を削減するために自社でデザインから担当するというケースも多くありますが、それにかかる手間や費用を考慮すると、結果的に外注したほうがコストを削減できることもあります。
製品に関係するデザインの判断は想像以上に多く、説明書などに使用される紙の質感やフォント一つとっても、世界観を左右することにつながります。


また、外観不良が起きた際の対応もしてくれます。プロダクトデザインを専門に行うデザイナーであれば、実際に作品・製品を作るにあたり、コストと品位のバランスや、品質管理についても考えてデザインしているため、結果的に手間・時間・コストの削減につながるのです。

◇会社の資産となるデザイン
当然ながら、デザインを受け取ったものは自社ブランドのカタチとして使用していくことが可能です。他社との差別化を図ることで、ユーザーの心にとまりやすくなり、訴求効果の向上も期待できます。
1日や2日で顧客との信頼関係を築くことはできません。小さなことかもしれませんが、永く続けていくからこそ、高品質で芯のあるデザインを使うことは、後に大きな差を生むことにつながるのです。

こうした理由から、プロダクトデザインはプロに依頼することにより多くのメリットを得られます。
デザイン会社やフリーのデザイナーに依頼する際は、事前に実績や過去の作品などをチェックして、一緒に未来を作れる相手に依頼するようにしましょう。

 

​~プロダクトデザインのご相談なら、多くの作品制作実績を持つTAKUMA YAMAZAKI DESIGNへ~

プロダクトデザインは、商品を開発する際に欠かせないものです。
自社でデザインすることも可能ですが、専門の会社やフリーのプロダクトデザイナーに依頼することで、様々なメリットを得ることができます。

プロダクトデザインのご相談なら、ぜひTAKUMA YAMAZAKI DESIGNへお問い合わせください。
国内外の大規模なデザイン賞に数多く選出されているデザイナーが、思想を緻密に反映させた唯一無二のプロダクトデザインにご対応いたします。


クリエイティブパートナーを探している企業の方、プロダクトデザインにお悩みの方は、イメージを形にするお手伝いをさせていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。
TAKUMA YAMAZAKI DESIGNの作品や実績などは、ホームページ内のWORKSからご確認いただけます。

プロダクトデザイン・作品制作に関することならTAKUMA YAMAZAKI DESIGNへ

[ 会社名 ] TAKUMA YAMAZAKI DESIGN 合同会社

[ 運営統括責任者 ] 山崎 卓馬

[ 住所 ] 〒245-0062 神奈川県横浜市戸塚区汲沢町305−12

[ TEL ] 080-3572-0284

[ Mail ] takuma.yamazaki.design@gmail.com

[ URL ] https://www.takumayamazaki.com/

[ 定休日 ] 不定休